さまざまな共同生活

共同生活というと、最近話題のシェアハウスが思いつく方が多くいると思います。
若い人から年配の方まで老若男女問わず一つ屋根の元で生活を共同し、男女間では出会いがあったり、同性どうしではその後の人生の友人になったり、様々な経験ができ、なおかつ家賃も安く抑えることのできるのが共同生活です。

そんな共同生活ですが、一体どのようなものかといいますと、最初に記載したシェアハウスが近年では多くなり、その他にもゲストハウスや老人ホーム、恋人と一緒に住むことも共同生活といいます。

共同生活の一番の利点といえば、家賃を住んでいる人数で分割することができるので一人当たりの金額が安くなる事です。
例えば、東京で一人暮らしをしようとすると、渋谷で一人暮らしの場合約五万円程ですが、シェアハウスですと約一万五千円程で住むことができます。
また、老人ホームでも個別で施設利用だと20万程かかりますが、何人か一緒だと15万以下に抑える事ができるため、複数人ですむ事は経済的には楽になります。

男女間にとっては、共同生活で共に暮らすことでより身近に相手の事をしる事ができ、シェアハウスでは新たな出逢い場として最近は人気になってきています。
しかし、共同生活はいいことばかりではありません。
共同生活を送るということは、自分勝手に生活をしているわけではないので他の人に気を使って生活しなければいけなくなります。
気が合う人同士だといいですが、気が合わない人もいることがありますので、当然問題も起きることもあります。
この記事では、そんな共同生活の中で起きる問題点を紹介していきます。



~管理人特選サイト~
外国人と国際交流もでき、新たな出逢い場にもなるシェアハウスを紹介しています … シェアハウス

Copyright © 2014 共同生活でのトラブルを防ぐ All Rights Reserved.